融資は会社の成長を早める


「無借金」よりも「借金して創業した会社」の方が成長できる

なぜ借金があると成長できるのか?

自己資金100万円で起業したA社

金融機関から1000万円の借入をして起業したB社

この2つの会社が同じ小売業で利益率が10%の場合

A社・・・100万円分の商品を販売して10万円の利益を上げる

B社・・・1000万円分の商品を販売して100万円の利益を上げる

B社の利益はA社の10倍です。その中から返済をしていかなければなりませんが、

それ以上の利益が得られるので、早期に事業拡大を図ることができます。

「利息がもったいない」という方もいると思いますが、資金がないとそれ以上の損をしてしまいます。

借金は悪ではない

お金を借りることは悪い事だと思ってる方はいませんか?

生活費が足りなくて友人や親に借金をすることは良いことではありません。

これは個人の話で、会社は違います。

他人に借金ばかりしている個人は信用されませんが、金融機関から常に借入をしている会社は社会的に信用力が高くなります。それは、銀行は確実にお金を返してくれる会社にしかお金を貸さないからです。借金力は信用力です。

創業時や創業直後は実績がないので、銀行はお金を貸してくれません。そこで活用したいのが日本政策金融公庫や、保証協会付の融資です。ここでお金を借りて、確実に返済をし信用力が付けば、そのうち金融機関の方から「資金需要はありませんか?」などと言ってくるようになります。

創業時の資金の目安

創業時に調達する資金の目安は業種にもよりますが、「設備資金」+「運転資金の3ヶ月分」が一つの目安になります。

この金額から自己資金を引いた分が借入金額の目安になります。

なるべく多くの借り入れをして、会社の資金を厚くしておきたい気持ちは分かりますが必要以上の借入を希望すると、否決になって融資が受けられない可能性も否めません。まずは必要資金で融資を受け、実績をつくれば次の融資が受けやすくなります。

資金調達の方法は、融資以外にも「助成金」や「補助金」もありますので、使えるものはうまく活用し十分な資金を調達して、事業を拡大していきましょう。

 

 

元銀行融資営業マンだからこそ知っている起業ノウハウをセミナーにて一挙公開中

お気軽にお問い合わせ下さい。
株式会社エフピーワンコンサルティング 株式会社エフピー・ワン・コンサルティング
東京都千代田区飯田橋3-4-3 坂田ビル3F
(提携先:社会保険労務士法人ヴァース)
フリーダイヤル無料相談実施中!
平日(9:00 ~ 18:00)
0120-0131-65
メールのお問い合わせ 24時間365日受付中
メールはこちら