「プレミアフライデー」構想


プレミアフライデーとは?

政府や経済界は個人消費を喚起するため、月末の金曜日は午後3時に仕事を終え、夕方を買い物や旅行などに充てる「プレミアフライデー」構想を検討している。

8月18日の日本経済新聞の記事によると、経済産業省と経団連などの経済団体は11月にも、隔月(30日で終わる月)の月末金曜日に共同でイベントを開催し消費を喚起していく方針らしい。

イベントは繁華街を共通のロゴで飾り、百貨店や飲食店などが普段より‟ちょっと良い”ワンランク上の商品やサービス(プレミア)を消費者に提案してもらうという内容。

政府はこのほどまとめた経済対策で「消費需要を喚起するための国民運動を実施する」と明記し、クールビズのように消費者を巻き込んだ運動にしていく方針で、PRなどに必要な経費として、今年度補正予算で数億円程度計上したい考えです。

消費が消費を喚起する好循環の経済が実現できたらいいですね。

個人的には「プレミア麻雀フライデー」にしてワンランク上の役を目指そうと思います。

働き方改革との相乗効果?

政府は、当日には定時より早く退社したり、平日休暇を取ったりすることを推奨し、働き方改革との相乗効果も狙い柔軟な働き方を実現するきっかけになるとみている。

あまり関係ないような気がします。

プレミアフライデー構想を実現し、中小企業まで徹底していくのなら、やはり助成金が有効なのではないかと思います。

プレミアフライデー制度を導入し、実施した中小企業の事業主には助成金を給付する「プレミアフライデー助成金」ができるといいですね。

 

元銀行融資営業マンだからこそ知っている起業ノウハウをセミナーにて一挙公開中

お気軽にお問い合わせ下さい。
株式会社エフピーワンコンサルティング 株式会社エフピー・ワン・コンサルティング
東京都千代田区飯田橋3-4-3 坂田ビル3F
(提携先:社会保険労務士法人ヴァース)
フリーダイヤル無料相談実施中!
平日(9:00 ~ 18:00)
0120-0131-65
メールのお問い合わせ 24時間365日受付中
メールはこちら