「キャリアアップ助成金」拡充


社会保険の適用拡大

厚生年金や医療保険などの社会保険は基本的に週30時間以上の従業員が加入対象ですが、10月からは週20時間まで要件が緩和されます。

よく「130万円の壁」という言葉を聞いた事があると思います。現在は年収が130万円を超えると社会保険の加入対象となるため、手取りが20万円近く減ってしまいます。

この年収130万円の基準も10月から年収106万円以上に変更されます。

当初は従業員数501人以上の企業に適用されますが、徐々に対象は拡大していくと思います。

今回の適用拡大で約25万人が新たに厚生年金の加入対象になる見込みです。

就労調整

パートで働く主婦の方は、社会保険の加入対象にならないように労働時間を減らして収入を調整します。これは「就労調整」と呼ばれます。

企業側も、適用拡大で被保険者が増えると保険料負担が増えるため、従業員の労働時間を減らして適用を免れる事態も予想されます。

一方で、就労調整は年末に集中することが多く、年末の繁忙期に働き手が減ってしまい打撃を受ける企業も少なくありません。

拡充内容

適用拡大で、この現象がさらに加速してしまったら大変です。

そこで、厚生労働省はこの事態が拡大するのを防ぎ、単身者や主婦らの社会保険加入に弾みをつけるため「キャリアアップ助成金」を拡充して、労働時間を延ばした企業に助成金を配ります。

現在は5時間以上の延長で社会保険の適用となった場合、企業に20万円の助成金を配っています。

これに加えて、延長時間が短い場合でも助成金を受け取れるようにします。

1時間以上2時間未満は対象者1人につき4万円、2時間以上3時間未満で8万円、3時間以上4時間未満で12万円、4時間以上5時間未満で16万円を助成します。

ただ支給する場合は、2%の賃上げが条件となります。

 

「130万円の壁(106万円の壁)」以外にも「税金の壁」とも呼ばれる「103万円の壁」や配偶者控除など、女性の働き方を左右する問題がたくさんあります。

女性が自主的に仕事を減らして、収入を低く抑えようとする国の制度っておかしいですよね?

助成金を活用して、女性が活躍できる社会を実現しましょう。

 

 

 

 

 

元銀行融資営業マンだからこそ知っている起業ノウハウをセミナーにて一挙公開中

お気軽にお問い合わせ下さい。
株式会社エフピーワンコンサルティング 株式会社エフピー・ワン・コンサルティング
東京都千代田区飯田橋3-4-3 坂田ビル3F
(提携先:社会保険労務士法人ヴァース)
フリーダイヤル無料相談実施中!
平日(9:00 ~ 18:00)
0120-0131-65
メールのお問い合わせ 24時間365日受付中
メールはこちら