65歳超雇用推進助成金


趣旨・目的

平成28年10月19日より65歳超雇用推進助成金が創設されました。

「ニッポン一億総活躍プラン」において、65歳以降の継続雇用延長や65歳までの定年延長を行う企業等に対する支援の実施が盛り込まれたことを受けて創設された助成金で、65歳以上の定年引上げ等を行う企業に対して重点的に支援をおこなうことで、65歳以降も希望者全員が安心して働ける雇用基盤を整備して「生涯現役社会」の構築を目的としています。

制度の概要

平成28年10月19日以降に労働協定又は就業規則に以下の制度を規定し、制度を実施した場合に助成します。(1事業主につき1回限り)

①65歳への定年引上げ 100万円

②66歳以上への定年引上げ又は定年定めの廃止 120万円

③希望者全員を66~69歳まで継続雇用する制度の導入 60万円

④希望者全員を70歳以上まで継続雇用する制度の導入 80万円

主な支給要件

①導入する制度の施行日から起算して1年前の日から支給申請日の前日までの間に、高齢法第8条・9条1項のいずれの規定にも違反していないこと。

②定年の引上げ等の実施に対して、専門化への委託費等の経費の支出があること。

③支給申請日の前日において、申請事業主に1年以上継続して雇用されている者であって60歳以上の雇用保険被保険者が1人以上いること。

④定年の引上げ等に関して、過去に高齢者雇用安定助成金の支給を受けていないこと。

 

定年の延長や廃止はこれからの日本には必要不可欠だと思いますが、将来にわたりかなり多額の固定費の上昇になります。

安易に一時的な助成金の獲得を目的とした申請は止めましょう。

高齢者の方の知識、経験、技術等を積極的に活用していこうとする事業主様はぜひこの制度をご活用ください。

 

 

 

元銀行融資営業マンだからこそ知っている起業ノウハウをセミナーにて一挙公開中

お気軽にお問い合わせ下さい。
株式会社エフピーワンコンサルティング 株式会社エフピー・ワン・コンサルティング
東京都千代田区飯田橋3-4-3 坂田ビル3F
(提携先:社会保険労務士法人ヴァース)
フリーダイヤル無料相談実施中!
平日(9:00 ~ 18:00)
0120-0131-65
メールのお問い合わせ 24時間365日受付中
メールはこちら