同一労働同一賃金と「キャリアアップ助成金」


政府が働き方改革の一環で検討している「同一労働同一賃金」に

対する議論が活発になってきました。

政府、日銀が掲げる年2%の物価上昇率を達成するためには

国の主導で賃金を上昇させるしかないのでしょうか。

最低賃金の引き上げもそうですが、国主導の賃金上昇には違和感が

あります。

経済界からも警戒の声が上がっています。

人件費負担の増加や、不合理かどうかを明確に判断できる指針策定は

困難であるなどの懸念が示されています。

確かに非正規社員の待遇改善は必要なことだと思います。

しかし、生産性の向上を伴わない賃上げは、人件費負担が増えるだけで

企業の収益を圧迫するだけです。

この改革では、非正規社員の基本給や手当などの賃金に加えて

教育、研修についても待遇改善を促しています。

教育や研修で能力やスキルが身につけば、生産性の向上に寄与するので、

長期的にみれば企業にはプラスになると思います。

ただ、教育や研修も費用が発生するので、短期的には負担が増えます。

そこで活用したいのが、厚生労働省の「キャリアアップ助成金」です。

教育や研修の費用も助成されますし、非正規社員から正社員に転換すれば

1人当たり60万円(東京都は110万円)が支給されます。

非正規社員の待遇をここまで改善するのであれば、いっそのこと正社員に

してしまったほうが良いのではないかと思います。

ある程度の能力・スキルを求めたうえで、

「希望者は全員、正社員にしなければならない」

という法律を作ってしまうのはいかがでしょうか。

雇用情勢の改善で雇用保険の積立金は6兆円を超えています。

この積立金を活用して、「非正規社員の処遇改善」ではなく

「非正規社員から正規社員へ」の流れを作ってもらいたいものです。

そうすれば、政府が渇望する「社会保険料」も増えるのではないでしょうか。

非正規社員

 

 

元銀行融資営業マンだからこそ知っている起業ノウハウをセミナーにて一挙公開中

お気軽にお問い合わせ下さい。
株式会社エフピーワンコンサルティング 株式会社エフピー・ワン・コンサルティング
東京都千代田区飯田橋3-4-3 坂田ビル3F
(提携先:社会保険労務士法人ヴァース)
フリーダイヤル無料相談実施中!
平日(9:00 ~ 18:00)
0120-0131-65
メールのお問い合わせ 24時間365日受付中
メールはこちら