中小融資と助成金


4月25日付の日本経済新聞の記事によると、「厚生労働省は

地域の中小企業の生産性向上を後押しするため、金融機関

との連携を強化する」そうです。

握手

金融機関が成長力があると見込んだ企業への融資にあわせ、

雇用関係の助成金をセットにして交付する方針です。

中小企業に助成金をきめ細かく提供するため、地方の労働局

と金融機関で企業情報を巡る連携も強化します。

これはとても良い施策だと思います。

雇用助成金は4月から「生産性要件」を設定し、生産性の伸び率が

要件を満たせば、助成額や助成率を割増す仕組みを導入しました。

前にブログで「生産性を向上させれば割り増し支給ではなく、

生産性向上のための施策を策定してほしい」と書きました。

金融機関と連携できれば、生産性向上のためのアドバイス等を

受けやすくなると思います。

これまで、なんだかよく分からなかった雇用助成金が、身近なものになり

利用する企業が増えるのではないでしょうか。

間もなく公募が開始される「創業補助金」も、今年度からは要件に

「事業実施期間中に1人以上の雇用をする事」が加わったり、

「民間金融機関からの融資が見込まれていること」があり、

融資見込みの有り、無しによって補助上限額が変わります。

厚生労働省と金融機関との連携に加えて、中小企業庁と厚生労働省、

中小企業庁と金融機関との連携を強化して、金融機関が融資と

雇用助成金と補助金をセットで提案できれば、生産性を向上させる

企業も増えると思います。

金融機関は、既存の優良企業ではなく、成長が見込める中小零細企業

や創業企業に対して、積極的に提案をして欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

元銀行融資営業マンだからこそ知っている起業ノウハウをセミナーにて一挙公開中

お気軽にお問い合わせ下さい。
株式会社エフピーワンコンサルティング 株式会社エフピー・ワン・コンサルティング
東京都千代田区飯田橋3-4-3 坂田ビル3F
(提携先:社会保険労務士法人ヴァース)
フリーダイヤル無料相談実施中!
平日(9:00 ~ 18:00)
0120-0131-65
メールのお問い合わせ 24時間365日受付中
メールはこちら