こんな士業に気をつけろ


起業をする際、会社を運営していく際にはいろんな士業の方に仕事を依頼することになります。会社設立当初何も知らない社長の無知に付け込んで、法外な金額、イレギュラーなお金の要求などを行う残念な士業の方がいます。今日はそのことについて書いていきます。

現在、会社設立時の開業経費の3分の1を助成する地域創業助成金の申請のお手伝いをしている会社であった話です。

この助成金の申請手続きには開業経費として認められている費用の領収書も添付して申請するのですが、1枚困った領収書が出てきました。

株式会社○○様 金45万円也 内訳 会社設立登記費用一式 △△行政書士事務所

これをみて申請手続きを請け負っている社会保険労務士も妻は「こんな領収書じゃ私が指導したと疑われてしまう」と困っていました。

会社を設立された方なら分かると思いますが、内訳は当然、定款の認証費用、登録免許税、手続き費用等が記載されてなければなりません。

また45万円という金額もかなり割高です。

さらに続きがあり、この行政書士は社長の無知に付け込んで「あなたは□□県の出身なので役員も□□県の人でないと就任できないのですよ」といい監査役に就任し何もするわけでないのに毎月2万円の報酬を受け取り、さらに相談時には別途相談料を徴収していたとのことです。

ちなみに何でこんな行政書士に仕事を依頼することになったかというと、会社の印鑑を作りにいった際、某はんこ屋さんの息子が会社設立の諸手続きをしているのでよかったらどうですかと言われそのまま依頼することになったそうです。

またこの社長、記帳代行を社会保険労務士兼行政書士の方に依頼していたそうなのですが、単なる入力作業で仕訳もメチャクチャな記帳代行で毎月4万円もの金額をしばらくの間支払っていました。

さすがにおかしいと思い友人の紹介の会計事務所に相談し、最初の行政書士事務所は監査役を解任、一部報酬を回収、記帳代行の方も一部記帳代行料を返金させ現在はその会計事務所で適切な金額できめ細やかな関与にて業績も向上しているそうです。

もちろん何も知らなさ過ぎる社長も問題ですが、それにしてもひどすぎる話です。

また適切な仕事を果たしている士業の方々に対する冒?です。

おそらくこのカテゴリーのブログを読まれている方で起業を目指されている方が非常に多いと思いますので、このような輩に引っかかって入り口からつまずかないようくれぐれもお気をつけください。



ここまでお読みいただきありがとうございます。

元銀行融資営業マンだからこそ知っている起業ノウハウをセミナーにて一挙公開中

お気軽にお問い合わせ下さい。
株式会社エフピーワンコンサルティング 株式会社エフピー・ワン・コンサルティング
東京都千代田区飯田橋3-4-3 坂田ビル3F
(提携先:社会保険労務士法人ヴァース)
フリーダイヤル無料相談実施中!
平日(9:00 ~ 18:00)
0120-0131-65
メールのお問い合わせ 24時間365日受付中
メールはこちら