倒産する零細企業の傾向


零細企業を応援しています。

私は信用金庫時代、法人の融資営業が主に専門でしたがいわゆる要注意先とよばれる先もいくつかあり、私が(本部や支店長・上司の指示ですが)直接融資を断りその結果、不渡りを出して残念ながら倒産という会社も数多くありました。

連鎖倒産・放漫経営・ジリ貧その他いろいろ要因はありましたが、倒産してしまう会社の多くに共通していることがありました。それは・・・

経理・資金繰り・信金営業担当者との折衝を奥様(経理の従業員)任せにしすぎているということでした。

通常の経理は奥様が担当、社長はもっぱら営業に専念、このこと自体は問題はありません。ですが、社長がまったく会社の数字を把握していないケースが多いです。
普段の融資手続きもいつも奥様、社長は融資申込み書類の連帯保証人署名欄に記入するだけ、中身も理解せずにそそくさと営業へ・・・

いよいよ業況がおかしくなり、支店に社長を呼び出し社長の意向を聞くころは既に手遅れだったりします。今まで数字を把握していない人間に何を指導したところで意味がありません。
もっともそれまで社長とのコミュニケーションをとらなかった我々にも責任があるといえますが・・・

営業畑であれ、技術畑であれ、どんなに忙しい社長でも業績が良好な会社は、融資の局面においては事務的なことは経理・奥様でも今後の見通し、数字については明確に伝えてくれました。

きっと起業当初は社長自身、資金繰り等奔走していたはずです。いつの日から数字と向き合うのを忘れてしまったのでしょうか?

そして零細企業をサポートする立場の我々も、話しやすいからといっていつも奥様・経理担当でなく、社長と真剣に向き合っていかねばならないと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

元銀行融資営業マンだからこそ知っている起業ノウハウをセミナーにて一挙公開中

お気軽にお問い合わせ下さい。
株式会社エフピーワンコンサルティング 株式会社エフピー・ワン・コンサルティング
東京都千代田区飯田橋3-4-3 坂田ビル3F
(提携先:社会保険労務士法人ヴァース)
フリーダイヤル無料相談実施中!
平日(9:00 ~ 18:00)
0120-0131-65
メールのお問い合わせ 24時間365日受付中
メールはこちら