創業時に活用したい創業支援事業~福生市


今日はホワイトデー。各菓子会社や協会が我こそ元祖、と主張しているため、由来は定かではありません。ただ、バレンタインデーのお返しとして、という共通点はあり、友チョコなどバレンタインデーが多様化しているためホワイトデーもお返しとして多様化してきているようですね。

申請をして採択を受ければゲットできる補助金の募集がいくつか始まっています。

東京都では創業に関する助成事業も4月から始まります。

申請予定の方はその前に早めの準備を!!

 

今回ご紹介するのは福生市です。

HPを拝見すると、是非、創業は福生市で!と猛烈にアピールしています。

どんなサポートがあるのでしょうか?

 

福生市認定創業支援事業計画

福生市認定創業支援事業計画計画に基づき、創業に関するセミナー等を開催するほか、さまざまな疑問・課題に、市・公的機関・身近な専門家が力を合わせて対応し、より充実した創業者(創業希望者)へのサポートを行います。創業するなら、ぜひ福生市で!

 

福生市は、市内での創業支援の取り組みを促進するため、創業支援事業計画を策定し、平成27年5月20日付けで国(経済産業省・総務省)の第5回認定を受けました。

本計画に基づき、創業に関するセミナー等を開催するほか、さまざまな疑問・課題に、市・公的機関・身近な専門家が力を合わせて対応し、より充実した創業者(創業希望者)へのサポートを行います。

福生市認定創業支援事業計画においては 福生市商工会・福生市金融団・日本政策金融公庫・創業支援センターTAMA(多摩信用金庫)とともに行う創業支援事業のうち、経営・財務・人材育成・販路拡大に関する知識のすべての習得が見込まれる事業を「特定創業支援事業」として位置付けています。

この福生市認定創業支援事業計画による「特定創業支援事業」の支援を受けた創業者(創業希望者)には、法人設立時の登記にかかる登録免許税の軽減措置や創業資金に関する信用保証枠の拡大等の特例が適用される場合があります。

認定を受けたときのメリット

1.株式会社を設立する際の登録免許税の軽減
資本金の0.7%を資本金の0.35%に軽減
最低税額15万円を7万5千円に軽減

2.創業融資を受ける際の公的な保証として利用できる無担保、第三者保証人なしの創業関連保証の枠の拡大
1,000万円を1,500万円に拡大

3.創業関連保証の特例の拡大
創業2か月前から対象を創業6か月前から対象に拡大

三市創業支援事業協議会T.A.Fセミナー

立川市、昭島市、福生市は、連携して創業支援に取り組むべく、「三市創業支援事業協議会T.A.F.」を組織しました。今後、地域の創業希望者を広く掘り起こし、三市の創業希望者及び既創業者を対象としたセミナー等を実施することにより、地域の創業を支援し、地域の産業活性化を図ります。

http://www.city.fussa.tokyo.jp/enterprise/industry/community/1003986.html

 

福生市コミュニティビジネス支援事業補助金

福生市では、商店街振興策として、新たにコミュニティビジネス事業を創業しようとする方に、出店に係る経費の一部を補助することにより、活力ある商店街づくりを推進しています。

http://www.city.fussa.tokyo.jp/enterprise/industry/community/1003124.html

 

元銀行融資営業マンだからこそ知っている起業ノウハウをセミナーにて一挙公開中

お気軽にお問い合わせ下さい。
株式会社エフピーワンコンサルティング 株式会社エフピー・ワン・コンサルティング
東京都千代田区飯田橋3-4-3 坂田ビル3F
(提携先:社会保険労務士法人ヴァース)
フリーダイヤル無料相談実施中!
平日(9:00 ~ 18:00)
0120-0131-65
メールのお問い合わせ 24時間365日受付中
メールはこちら