創業時に活用したい創業支援事業~武蔵野市


新年度も始まり、桜も散って葉を出し、木々が青々してきました。

新しくスタートを切った方も多いと思います。

 

今回は武蔵野市です。

武蔵野市では、創業支援を行う事業者と連携し、「むさしの創業サポートネット」を立ち上げ、平成26年6月に国の「創業支援事業計画」の認定を受けました。創業検討段階から創業後のフォローアップまで、市内で創業されるかたを支援します。

 

ワンストップ窓口「むさしの創業支援コーナー」

むさしの創業サポートネットの中核となるワンストップ窓口です。

場所:市役所 西棟7階 生活経済課内

時間:午前9時から午後5時まで(土曜日・日曜日・祝日を除く)

業務内容:創業支援に関する情報提供

特定創業支援事業認定申請受付、認定書交付

武蔵野市創業資金融資あっせん申請受付

創業アドバイザーによる個別相談(週1回、事前予約制)

※創業アドバイザーによる個別相談について

時間:毎週水曜日午前10時から午後4時まで(60分1コマ)

事前予約:前の週の金曜日までに生活経済課へ電話(0422-60-1832)で予約

相談内容:事業計画書作成支援

金融、財務に関する相談

相談者の事情に合った支援事業のコーディネート

 

武蔵野市の創業支援事業について

http://www.city.musashino.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/005/796/2018.4.1.pdf

 

特定創業支援事業について

創業を希望されるかたへの継続的な支援で、創業に必要な4分野の知識(経営・財務・人材育成・販路開拓)がすべて身につく事業をいいます。

 

※武蔵野市の特定創業支援事業

武蔵野商工会議所

むさしの創業塾

多摩信用金庫

創業相談

創業塾

セミナー・交流会

西武信用金庫

創業塾

株式会社マネジメントブレーン

吉祥寺創業塾

創業セミナー

シェアオフィス「i-office」

 

※特定創業支援事業を受けたかたへの支援

特定創業支援を受けたかたは、国による下記の支援を受けることができます。支援を受けるには、市の交付する証明書が必要です。4分野の知識すべてについて支援を受けることができれば、複数の特定支援事業を受けた場合でも証明書を発行できます。

創業前の個人が株式会社を設立する際の登録免許税が半額に軽減されます。
平成30~31年度に限り、創業5年未満の法人成りや合名・合資・合同会社の設立も対象となります。

通常、創業の2カ月前から対象となる創業関連保証が創業6カ月前から利用できます。 (信用保証協会の判断による。)

東京都「創業融資」において、融資利率が0.4%優遇されます。

 

※証明書の交付要件

武蔵野市の特定創業支援事業を受けたかたで、次のいずれかに該当するかた

・創業前の個人

・創業後5年未満の個人、会社

申請受付から証明書の交付まで、通常3~7日程度かかります。

 

平成30年度特定創業支援事業

http://www.city.musashino.lg.jp/kurashi_guide/shoko_nosei_rosei/shoko/1005797.html

 

元銀行融資営業マンだからこそ知っている起業ノウハウをセミナーにて一挙公開中

お気軽にお問い合わせ下さい。
株式会社エフピーワンコンサルティング 株式会社エフピー・ワン・コンサルティング
東京都千代田区飯田橋3-4-3 坂田ビル3F
(提携先:社会保険労務士法人ヴァース)
フリーダイヤル無料相談実施中!
平日(9:00 ~ 18:00)
0120-0131-65
メールのお問い合わせ 24時間365日受付中
メールはこちら